今、日本の英語教育改革は「第二段階」へと移行しております。その中で「小学校の英語」が大変な危機を迎えています。

これはずばり、『中1英語 格差問題』を拡大させる由々しき問題です。

「1分でわかる? 小学校英語が迎える危機」動画

暗~い感じの音楽で過剰に演出しました。

                     

◎ 第一の問題点

中学1年生が習うことを、ほぼすべて小学生に丸投げ

現状中学校1年生が一年間をかけて学習することが、すべて既習事項として極めて「軽く」新しい教科書では扱われています。

『もう習ったことだから』という位置づけです。

「習った」は「できる」とは全くの『別物』です。

◎ 第二の問題点

語彙も全部丸投げ

現行New Horizon 1 で網羅している語彙が600語弱。

中1生が学ぶ語彙より多い量の単語を、小学生に定着させるのは至難の業といえるでしょう。

◎ 最大の問題点

小学生の勉強の「負担増」がほとんど見受けられない。

中学校1年生がこなす量の英語をすべて丸投げされているにもかかわらず、現行小学生の「負担増」がほとんど見受けられないのが最大の問題点です。

分数の計算もできていない、漢字もかけていないという状態の小学生に「英語が大事だから最優先に」と考える先生・保護者のほうが圧倒的に少ないに決まっています。よく理解できる話ではあります。

でもそれでは「英語ができなくなる」ことを約束しているようなものです。

              

漢字も算数ももちろんしっかりと勉強しつつ、英語もそれなりの時間を割かないといけないのです。

それは負担増以外の何物でもありません。そしてそれに対応した生徒のみが「中1英語 格差問題」を制するのです。

ご安心ください、進学塾心はとっておきのソリューション、解決策をご用意しております。

進学塾心の指導方針はこちら

ホームへ戻る